【本感想】「新しい文章力の教室」感想 自分の書いた文章を完読してもらうためには

読書感想

 新しい文章力の教室の感想記事になります

 この記事は、新しい文書力の教室を読もうか悩んでいる方やブログの作成方法に困っている方に読んでもらいたい

 私自身、文章についての本を読むのは初めてだったため楽しく読むことができました

 ページ数は約200ページ

 私は、だいたい1時間30分くらいで読み終えました

 どういった内容が書かれているか、簡単に感想を交えて紹介いたします

 詳しく知りたい方は、ぜひこの本を読んでみてください

感想

 新しい文章力の教科書を読んで特に大事だと思ったことは下記の4点です

  1. いい文章とは読者に最後まで読んでもらうこと
  2. 文章を作る際はしっかりと構成を決めてから書き始める
  3. 自分の書いた文章のセルフチェックのポイント
  4. 読者に読んでもらうための工夫

 私は、今までブログを書くにあたってこの4つを意識していたことはありませんでした

 今までは自分の書きたいことを書きたいように書いていましたが

 この本を読んでからは、上記の4つを意識して書くように心がけています

 この本の著者は、「ナタリー」というポップカルチャー専門のウェブメディアの初代編集長です

 ナタリーを知らない方もいると思いますので、ナタリーについては後述します

 著者が6年半、約2万本以上の記事を校了してきた経験で語っているため、インターネットで読むことのできる記事を作る方には参考になるはずです

 この本は、あくまでもネットの記事の作成に役立つ内容だと思います

 そのため、正しい日本語できっちりとした文章書きたいという方は違う本を読んだ方がいいです

ナタリーってなに

 ナタリーとは

 音楽ニュース

 漫画ニュース

 映画ニュース

 舞台・演劇ニュース

 お笑いニュース

 のポップカルチャーに特化したメディアです

 公式サイトを見ると

  • 月に約3500以上の記事更新
  • 3か月の平均ページビュー6370万PV

 と紹介されており、私が知らなかっただけで、世間ではしっかりと認知されたメディアでした

 そのナタリーの記者さんたちが記事を作るうえで気をつけているポイントが本書を読めば丸わかりです

勉強になったポイント

 先ほどの感想で述べた良かった点4つを詳しく紹介します

いい文章とは読者に最後まで読んでもらうこと

 完読してもらうことがいい文章だということを最初のチャプターで教えてもらいました

 現代の人は長文耐性が低い傾向にあるそうです

 そのような人たちに最後まで読んでもらうことがどれだけ難しいかを教えてもらいました

 難しいと聞いて不安になった方もいると思います

 ですが安心してください

 次のチャプターから最後まで読んでもらうための工夫を教えてくれます

文章を作る際はしっかりと構成を決めてから書き始める

 もしかしたら、ほとんどの人が構成を決めてから書いているかもしれません

 私は、頭の中でイメージしたものをいきなり書き出していたので、構成を決めてから書き出すということは勉強になりました

 急に構成を決めると言われても困るという方はたくさんいると思います

 特に、私と一緒で、今まで構成を決めずに記事を作っていた方はそう思うはずです

 そのような方のために、構成を作るうえでの大まかなポイントを紹介します

  • 主眼と骨子をたてる
  • 書くときに悩まないために、記事をプラモ化しておく
  • 構造シートで整理する

 主にこの3点です

 本の中ではもっと細かく説明をしてもらえるので、気になる方は本を読んでみてください

 簡単に言うと、記事を作る際は、できるだけ記事の構成を機械化することがポイントです

 このポイントを普段から意識して記事を作ることによって、記事の作成が上達するとのことでした

自分の書いた文章のセルフチェックのポイント

 ほとんどの人は、何かしらの文章や記事を書いたことがあると思います

 その際、自分の書いたものを読んで完璧だと思っても、あとから誰かに間違いを指摘されたことはありませんか?

 私はあります

 それもしょっちゅう

 そうならないためにも、自分の書いたものをチェックするときのポイントを紹介します

  • 主語と述語を意識
  • 文字や文章の重複をチェック
  • 文末に気を配る
  • 漢字とひらがなのバランスに気をつける

 の4点です

 主語と述語について、私は、そんなこと当たり前のことで何をいまさらと思っていました

 しかし、文章を書くのに熱が入るほど主語と述語を見失うことがたくさんあったことを思い出しました

 自分の文章を読み返す際は、主語と述語がちゃんとしているか意識して読み返すことが大事です

 文字や文章の重複については、これも文章の作成に熱が入った際によくあることだと思います

 文末に気を配るとは、文末の文章を同じ内容で何度も続けてはいけないということです

 〇〇です

 〇〇です

 〇〇です

 上のような文章だと、どうしても小学生の作文の印象を受けるため、文末の引き出しを増やすことが大事とのこと

 漢字とひらがなのバランスについての説明で、漢字が多いと文章が黒く見え、ひらがなが多いと白く見えると表現するそうです

 その色をできるだけ灰色にすることをイメージしながら文字を書くことが大事です

 そのため、文章のバリエーションも増やさないといけません

 簡単ではありますが、大きなポイントとしてこの4点を意識しながらブログを書くようにしました

読者に読んでもらうための工夫

 今まで意識せずに自分の文章で記事を作ってきた人でも、このポイントを意識することによって読者に最後まで読んでもらえる確率が上がるはずです

  • 主観の押し付けに気をつける
  • 数字を入れることで具体性を増す
  • タイトルの決め方

 の3点がポイントです

 主観の押し付けとは具体的にどういうことかというと

 たとえば、「感動」や「感激」などの言葉が当てはまります

 この主観が多いほど読者はしらけるので、できるだけ事実や客観を書くことが大事です

 数字を入れることによって具体性が上がるので、読者に見てもらいやすくなります

 そういったテクニックを踏まえたうえでタイトルを決めるということでした 

 このポイントの詳しい内容を知りたい方は、ぜひこの本を読んでみてください

まとめ

 ブログを書くにあたって初めて読んだ文章力についての本でした

 自分が今までどれだけ雑に文章を作っていたのかがよくわかりました

 この本を読むのにオススメの方は、私と同じようにブログを作る方やネットで文章を発信する人です

 皆さんもこの本を読んで文章力についての理解を深めてみましょう 

 この本の教えがどれだけ役に立つかは今後の私のブログを見ていてください

                                       以 上

コメント

タイトルとURLをコピーしました